AGA治療を激安で済ませる方法

頭頂部薄毛

このAGA治療で対象となる男性型脱毛症とは、名称にあるとおりに男性のみに発現する症状で、抜毛の特徴としては前頭部のこめかみの上から髪が抜けるようになり生え際が後退する事によりおでこのM字型が広がり、頭頂部が薄くなるケースがあります。

 

こうした抜け毛が生じる原因として鍵になるのはホルモンの存在で、男性の体内で生成される男性ホルモンにはいくつか種類がありうるのですが、その中でもテストステロンと呼ばれるホルモンは酵素の一種である5αリダクターゼと結びつく事でDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、このDHTが脱毛を直接促す原因物質となるのです。

 

医療技術が発達した現在においてはこの原因物質の生成を抑制する医薬品が開発された事で抜毛を解消する事ができ、医薬品の投与がAGA治療における柱となるのですが、病院での治療は自由診療になりますのでコストが高く、継続して利用する事が難しくなります。

 

AGA病院選びはこちら

 

脱毛症に効果がある医薬成分は主にフィナステリドとミノキシジルの2種類があり、配合されている医薬品は様々あるのですが、基本的には医師の処方箋が必要で薬局で購入できる医薬品は一部しか存在せず、いずれも高額になります。

 

そこでAGA治療を激安で済ませる事ができる方法は広く実践されるようになり、外国からフィナステリド配合のPropecia(プロペシア)・Proscar(プロスカー)や、ミノキシジル配合のRogaine(ロゲイン)などを個人輸入することで低い薬価の製品を購入するケースが多くあります。

 

またこうした商品の一部は海外の法制上の特許が切れている国もあるため、特に後発医薬品大国であるインドで生産されたフィナステリド配合のFinpecia(フィンペシア)やミノキシジル配合のNoxidil(ノキシジル)などの種類も販売されており、いずれも治療を激安で済ませる事ができる方法となります。

 

ただこうした治療を激安で済ませる方法には少なからぬデメリットがあり、医師の診察を受けずに服用した場合には体の状態や疾患との関係で副作用が生じる可能性もありますし、他の医薬品との飲み合わせにより問題が生じる可能性もありますので、まずは医師の診察を受ける正規の治療から行う方が一定の安全性を確保することができます。

AGA治療薬ミノキシジルでニキビが出来ることもある

ミノキシジルは血流をよくする成分として知られていますが、直接毛包を刺激して休止期状態の毛包を初期成長期へと移行させる働きがあるとされています。男性型脱毛症による薄毛は毛包が存在している限り、太く長い毛髪が育つとされているので、直接毛包に働きかける作用を持つミノキシジルは抜け毛や薄毛の症状の改善に非常に有用なものと言えます。

 

薄毛サラリーマンの背中

ミノキシジルには頭皮に直接塗るタイプのものと内用タイプのタブレットがありますが使用量を誤ったり、体質に合わない場合は副作用が出ることがあります。

 

皮膚への副作用としてはニキビ、湿疹、アレルギー症状といったものが主ですが、頭皮に直接塗るタイプの育毛剤の使用で生じるニキビは血管が拡張されたことで皮膚の成長が促され、皮脂の分泌が過剰になったことで発生するとされています

 

皮脂の過剰分泌は毛穴の詰まりやニキビの原因であるアクネ菌を繁殖させてしまうため、これによってニキビが発症すると考えられています。また、皮脂をエサとするフケの原因菌である癜風菌も増殖するため、使用した場合、フケの症状が出る場合もあります。

 

塗るタイプのミノキシジルにはアレルギー反応が出ないように改善されたものもあるので、育毛剤の使用を検討されている方で初めて使用する方や肌が敏感という方には低アレルギータイプのものを使用することをおすすめします。

 

ミノキシジルは副作用を引き起こしている箇所に再び使用すると症状がさら悪化してしまう恐れがあります。頭皮に副作用の症状があらわれた場合は、放置せず、速やかに病院を受診するようにしましょう。

円形脱毛症になったら誰に相談すればいいの?

円形脱毛症の治療は、主に皮膚科または、形成外科で行うことができます。しかし病院に行く前に相談したい、病院で面と向かっては聞きたいことすべてを聞けそうにない、円形脱毛症の専門医を紹介してほしい等という場合は、メールや電話で相談できるサイトがWeb上にはいくつかあります。気軽に相談できる場所があるのは有難いですね。

 

円形脱毛症には自然治癒するものもありますが、一人で悩んでいても治らないばかりか、ひどくなることもあります。ですからWebで相談してもそれで終わりにするのではなく、必ず専門医の診察を受け、診断を行ってもらうようにしてください。

 

また、自分が円形脱毛症だということを、周りの友達や職場の人に公表するのはとても勇気がいることです。身近に自らを円形脱毛症だと公表した人がいれば別ですが、なかなかそういった人にめぐり合えるものでもありません。

 

しかしWeb上には、円形脱毛症について相談できるサイト以外にも、円形脱毛症を公表し、その治療法や日頃感じていること等をブログに書いている人がたくさんいます。そういったブログを読むと、同じ悩みを持っているからこそ理解できることもあるでしょうし、自分だけが辛いわけじゃないんだと、前向きな気持ちにもなれます。

 

円形脱毛症だからといって悲観的にならず、ウィッグでおしゃれを楽しんでいたりする、顔も知らない誰かに勇気づけられることは、どんな方法より円形脱毛症の治療に有効かもしれません。

脱毛症になると毛穴がなくなってツルツルするのはどうして?

頭を抱える男性

脱毛症の毛穴は特徴的です。ポツポツと赤みがかっていたり黄色みがかっていたりします。それが何を意味しているか。頭皮に炎症が起きてしまっているのです。その後は毛穴自体が見えなくなっていき、皮膚がツルツルしてきます。

 

脱毛症にはいろんな原因が考えられますが、アトピーやアレルギー、自己免疫疾患といったものとの関連がよく指摘されています。そういう病気は自分の免疫系が自分の身体を攻撃してしまうというものです。

 

いわゆる過剰反応なのですが、身体の内部でおこっているものなのでなかなか分かりにくいのです。こうした過剰反応が頭皮の下にある毛根に起こると毛根が攻撃されて炎症を引き起こします。炎症がおきると異物と戦うために血液がたまってくるので赤みがかって見えたりするのです。

 

炎症で腫れぼったくなるので皮膚がツルツルになり、ひどいと毛穴の穴が見えなくなったりします。これはまだ内部で炎症が続いている証拠でしょう

 

脱毛症で毛が抜けてしまった箇所がツルツルで毛穴が見えないとしても、毛穴がなくなったわけでも死んでしまったわけでもありません。内部で毛根が生きていれば、事態が改善されればまた生えてくるのです。希望を持ちましょう。

 

炎症が治まっていくにつれて皮膚の腫れも引いていき、ポツポツと髪が生えてくるに違いありません。こうした終息に至るまでどれくらいかかるかは、人により、また症状によりさまざまです。できれば早く終息してほしいというのが本音です。